本文へスキップ

ロゴ ロゴ2 ロゴ1

シャルピー基準片

シャルピー試験機用基準片って?

金属材料の機械的強さには引張り、圧縮などの静的負荷に対する強さと繰返し負荷や衝撃的な負荷などの動的負荷に対する強さがあります。金属材料の動的負荷の強さを評価する方法としては、シャルピー衝撃試験法が一般的に行われています。シャルピー衝撃試験機については、古くから標準化が行われており、JIS規格(JIS B7722)においても試験片支持台、ハンマ、衝撃刃、機枠、指示装置などの主要部分の寸法諸元と検査方法が規定されております。しかし、シャルピー衝撃試験においては、試験結果の不一致がよく問題にされます。そのため、動的な使用状態での総合性能検査として、基準片を用いた総合検査が必要であることが主張されてきました。総合検査を行う場合は、世界中で唯一基準片の製作供給が可能であったアメリカから購入せざるを得ませんでした。
 そこで、日本鉄鋼協会が中心になって、シャルピー衝撃基準片を国産化するための研究を開発し、これを1900年に実現したので、これを受けてJIS B7722で基準片による総合検査を実施する旨の改訂が行われました。シャルピー衝撃基準片は写真の形状のもので、標準物質の1つとしてシャルピー衝撃試験機の総合検査に用いられるものです。

当社では、品質工学の手法を用いて高精度のシャルピー衝撃基準片を短期間に開発に成功し、販売しております。

シャルピー基準片

旭グループ

〒678-0091
兵庫県相生市矢野町菅谷214番地の1

(株)旭工業所
TEL 0791-29-0211
FAX 0791-29-1132

(株)アサヒ技研
TEL 0791-29-1213
FAX 0791-29-1132